JianTieってどういう意味?

WEBブログコンサル ジャンティエ・ワークショップ ロゴ…という質問をよくされます。フランス語っぽいとか、言いにくいとか覚えにくいとか(笑)

実はこれ中国語なんです。

「Jian」は「」、ハサミ等で切るという意味(剪定の「剪」ですね)、
「Tie」は「」、ノリ等で貼るという意味です。
 
両方あわせて「剪貼(ジャンティエ)」、これで「カット・アンド・ペースト」というパソコンでおなじみの意味となります。

屋号を考えるときに、中国人の仕事での知り合いにいくつか中国語のパソコン用語を上げてもらい、見た目と響きがいいのでこの「JianTie」を選びました。

自分では気に入っているのですが…、覚えにくいのは屋号としてどうなのかねー、とか、領収書を切ってもらうときに絶対に一度では通じない(というか結局名刺見せて書いてもらう)とか、税務関係の書類なんかの屋号を書く欄に収まりきらないとか、…まあ、いろいろとアレなこともままありますね(泣)
 
人生いろいろです。いろいろなんですよ、ええ。
 
それはともかく。
 
もう一つのこだわりは『ワークショップ』を名乗っていることです。
 
一応肩書きは『ITコンサルティング』なんですが、「コンサルティング」や「コンサルタント」という響きが「上から目線」ぽくてどうも好きではないんです。
 
私の理想は、「クライアント様が必要なITスキルを学び、自らの業務や事業に役立てられるようになるまで一緒に悩み努力する」というかたちです。
 
それ故このように「ワークショップ」形式をとったコンサルティングを実践しています。
 
 
そういった意味のある『ジャンティエ・ワークショップ』の名前。
 
いろいろと私の思いのこもった名前なんです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です